月別アーカイブ: 2017年11月

9ブロック 結果報告 ~1勝1敗:決勝トーナメントまであと1歩~

みなさん、こんにちは。

先日、岡山県にて第35回全日本大学9ブロック対抗準硬式野球大会が開催されました。

早速ですが、結果になります。

倉敷マスカットスタジアム 第1試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
全北海道 0 1 0 1 0 0 0 0 0 2
全北信越 0 0 1 0 0 0 1 5 X 7
(北海道) 渡邊、堀 ー 小森
(北信越) 佐々木、森、水野 ー 小林
[本塁打]
[三塁打]
[二塁打]
全北信越選抜 四(死)
 1 4 石月(富山大学) 5 2 1 0 0 0
2 7 河内(新潟大学) 4 1 0 0 0 0
3 8 黒詰(金沢大学) 4 1 0 0 0 0
4 DH 眞田(富山大学) 3 0 0 1 1 0
PR 矢野(金沢大学)
5 9 杉木(新潟大学) 2 0 1 1(1) 0 0
6 2 小林智(新潟大学) 2 0 1 1 0 1
7 3 原野(福井大学) 4 2 0 0 0 0
8 5 新田(金沢星稜大学) 2 0 0 0 1 0
竹内(富山大学) 2 1 2 0 0 0
9 6 小林亮(富山大学) 4 1 1 0 0 0
P 佐々木(金沢大学)
森(富山大学)
水野(金沢大学)

 

倉敷マスカットスタジアム 第3試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
全北信越 1 0 0 0 0 0 0 0 2 3
全中国 1 0 0 0 2 0 1 1 X 5
(全北信越) 高村、帯刀、加賀田、水野 ー 小川
(全中国) 塩見 ー 森川
[本塁打]
[三塁打] 中久(中)
[二塁打] 岩見(中)
全中国選抜 四(死)
1 DH 竹田(金沢大学) 3 2 0 2 0 0
2 8 矢野(金沢大学) 4 2 2 0 0 1
3 6 磯村(上越教育大学) 4 0 0 1 1 0
4 3 稲田(金沢大学) 3 2 1 1 0 0
竹内(富山大学) 1 0 0 0 0 0
5 5 渡邊(新潟大学) 3 1 0 1 2 0
6 9 花房(金沢大学) 3 1 0 1 0 1
7 7 籅谷(富山大学) 3 0 0 0 1 0
黒詰(金沢大学) 1 0 0 0 0 0
8 2 小川(新潟大学) 1 0 0 1(1) 0 0
PH 原野(福井大学) 1 0 0 0 0 0
9 4 戸澤(金沢大学) 1 0 0 0 1 2
PH 眞田(富山大学) 1 1 0 0 0 0
P 高村(新潟大学)
帯刀(富山大学)
加賀田(新潟大学)
水野(金沢大学)

 

選手インタビュー

主将:籅谷大輝(富山大学3年)

Q. 大会振り返ってどうだったか?

北信越選抜の主将を務めさせていただけたことが1番の経験です。試合中だけでなくそれ以外の時間もチームの皆と楽しく充実した3日間を過ごせました。

Q. 来季にむけての抱負を

来春の大会が野球人生最後の大会となるので、今回の9ブロックで得た経験を活かして優勝目指し、残り半年頑張りたいと思います。

水野雄伸(金沢大学2年)

Q. 大会振り返ってどうだったか?

日頃、敵チームの選手達と共に戦うことができて、とても楽しい経験となりました。

マスカットスタジアムという素晴らしい球場で野球ができたことも良い思い出です。

仲間たちとは技術的な面で範をとれたことも多かっただけでなく、バス移動やホテルなどグラウンドの外においても親睦を深められ、自分の視野が広がったと思います。

Q. 来季にむけての抱負を

個人のスキルアップはもちろん、チームとしては春秋の連続優勝を目標に頑張りたいと思います。

また、今年果たせなかった9ブロックでの北信越初の決勝トーナメント進出を必ず果たします。

 

黒詰大成(金沢大学1年)

Q. 大会振り返ってどうだったか?

試合中もそれ以外のときもチームの雰囲気がよく、野球の楽しさを改めて感じた3日間でした。

Q. 来季にむけての抱負を

今シーズン果たせなかった「全国で勝てるチーム」を目指してがんばります。

 

 

北信越チームは1勝1敗と惜しくも決勝トーナメント進出を逃しましたが、

3年連続で1勝1敗と着実に力をつけてきています!!

悲願の決勝トーナメント進出に向けて、来季もがんばりましょう!!